幼児教育ではさみを持たせる年齢は?

おすすめの幼児教育教材

幼児教育ではさみを持たせる年齢

「はさみはいくつから持たせてもいいの?」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

 

あまり早く持たせてしまうと怪我をしてしまうかもしれないので心配ですよね。

 

結論からいうと年齢は関係ありません。

 

早くから安全に使いこなす子供もいれば、なかなか上手く使いこなすことができない子供もいます。

 

成長には個人差があるので、具体的に何歳からというのは明言できません。

 

ただ、基本的に3歳くらいになると意思疎通できるようになるので、この時期に持たせるケースが多いかもしれません。

 

そして、子供に初めてはさみを持たせる場合は安全なものを用意しましょう。

 

普通のはさみだと怪我をする危険があるので、刃がプラスチック製のものがおすすめです。

 

これだと怪我をする可能性が低いので、安心して持たせることができます。

 

子供用のはさみには色々な種類があるため、年齢や成長に合わせて選ぶようにしてください。

 

もし、どれがいいのか分からない場合はスタッフに聞いてみるのもいいでしょう。

知育・運動・情緒を育てる3分野のあそびを中心にした幼児教育教材