ぬりえも幼児教育?

おすすめの幼児教育教材

ぬりえと幼児教育

子供が好きな遊びのひとつといえば「ぬりえ」です。

 

では、ぬりえも幼児教育になるのでしょうか?

 

結論からいうとなります。

 

ぬりえをすると脳を活性化させることができるといわれています。

 

さらに色を使うことで色彩感覚を養うことができますし、想像力を高めることにも繋がるので、幼児期にやっておいた方がいいでしょう。

 

また、ぬりえをすることで文字が上手くなる効果もあります。

 

これはぬりえで運筆能力も一緒に高めることができるからです。

 

運筆能力とは文字を書いたり、絵を描いたりする時の手の動かし方のことをいいます。

 

この能力が高いと綺麗な円を描くことができますが、低いと上手く円を描くことができません。

 

運筆能力が高ければ高いほど文字のバランスが良くなるので、綺麗な字をかけるようになります。

 

そして、ぬりえは何も子供だけに有効という訳ではありません。

 

大人がしても脳を活性化することができるので、認知症やうつ病にも効果があるといわれています。

知育・運動・情緒を育てる3分野のあそびを中心にした幼児教育教材