健康診断で数値の結果が悪い場合は、精密検査を受けた方がいいのでしょうか?

menu

数値が気なるあなたにサプリメント「白井田七」

様々な数値が気なる、気になりだした。そんなあなたにオススメのサプリメント「白井田七」。数値を気にせず、スッキリとした毎日を過ごしましょう。

健康診断で数値の結果が悪い場合精密な検査を受けた方がいい?

職場での健康診断で数値の結果が悪い場合は、精密検査を受けた方がいいのでしょうか?

普通、職場などで健康診断を受けても、その結果は1週間~1ヶ月後でないと判りません。

そして、結果が届いたら、数値が悪いということがあります。

その場合、結果内容にもよりますが、必ずしもすぐに精密検査が必要というわけではありません。

ただ、急を要するような内容であれば、当然、精密検査が必要です。

例えば、数値があまりにも異常に高いといった場合は、何らかの病気の可能性がありますから、早めに精密検査を受ける必要があります。

そして、健康診断の結果表に、医師から「要再検査」や「要精密検査」と書かれているのであれば、すぐに受けるようにしましょう。

※要再検査・・・数値などの異常が一時的なものなのかを確認するために、勧められる検査

※要精密検査・・・数値などの検査結果から明らかな病気の兆候が見られるため、治療の必要性を確認するためする検査

医師が何らかの異常を感じるなどしたために書かれているわけですから、早急に受けないで放置していると、後々大変な事態になることもあります。

しかし、健康診断の結果に、要再検査や要精密検査と記載されていなくても、何となく体の異常を自覚している場合は、念のために精密検査を受けることをおすすめします

 数値が気なるあなたにサプリメント「白井田七」




キャッシング 審査