自分で禁煙する方法ってどんなもの?

自分で禁煙するための3つの動機づけ

病院に通う時間がない人や禁煙にお金をかけたくない人もいるでしょう。

 

では、どのようにすれば自分で禁煙できるのでしょうか?

 

自分で禁煙する方法は、以下の通りです。

 

    • 禁煙したい理由を明確にする
    • 離脱症状の対処法を考える
    • 禁煙補助薬を使用する

 

まず、大切なのが、禁煙したい理由を明確にすることです。

 

どうして禁煙したいのかをハッキリとさせないと、意思が揺らいでしまいます。

 

「健康のため」「お金のため」など、自分が止めようと思っている理由を書き出すようにしてください。

 

また、禁煙をするとイライラしてきますが、その離脱症状にどのように対処するのかを考えましょう。

 

タバコを吸いたくなるタイミングというのがあるので、その時に違うことをするというのが重要です。

 

例えば、朝起きてタバコを吸いたくなる場合は起床直後に顔を洗ったり、すぐに歯を磨いて朝食を食べるといったことをしてみてはいかがでしょうか。

 

それに、ドラッグストアで販売している禁煙補助薬を使用するというのも有効です。

 

ドラッグストアに行くと様々な禁煙補助薬が販売されているので、自分に合いそうなものを探してください。