ズワイガニとはどんなカニ?

ズワイガニとはどんなカニ?

エビ目カニ下目クモガニ科の一種であるズワイガニはカニの中で最もメジャーな存在で、日本人の間で最も親しまれているのがズワイガニです。

ズワイガニは国内での水揚げ量が多いので、食べたことがない人はいないのではないでしょうか?

ズワイガニの特徴は以下の通りです。

  • 産地で名前が違う
  • 甲羅が小さい
  • 甘みが強い
  • 身が詰まっている
  • 食べ方が色々


ズワイガニは産地によって名前が異なります。

例えば、福井県産のズワイガニなら越前ガニ、兵庫県や鳥取県といったところで水揚げされたものは松葉ガニと呼ばれ、産地で呼び方が変わるのが特徴です。

ロシアで獲れる大きなズワイガニは大ズワイガニと呼ばれており、国内のものよりも色が赤く、身が固いというのが特徴です。

またズワイガニは他のカニと比較すると甲羅が小さく、脚が細長く、頭が小さいため、見た目は華奢です。

食べると甘みが強く、カニ本来の味を堪能できます。

一般的に茹でて食べますが、しゃぶしゃぶや鍋でも美味しく食べることができます。

下手に手を加えるよりもシンプルな食べ方が一番です。

味はとても繊細で甘みが強く、カニみそも濃厚で絶品です。

基本的に身がぎっしりと詰まっているので、食べ応えもありますし、色々な料理に使うこともできるため、食べ方のバリエーションが多いです。

新鮮なズワイガニなら、そのままお刺身で食べるのもいいでしょう。

そして、安く販売されているものはロシアからの輸入物で、価格が高いものは国産のものだと思ってください。

ロシア産よりも国産のズワイガニの方が美味しいといわれています。

美味しいズワイガニを食べたいのであれば、産地にこだわって購入しましょう。

通販でも松葉がにや越前がにといったブランドカニを購入できます。

業者によって鮮度が異なるので、口コミや販売実績を参考にしながら購入先を決めてください。