赤ちゃんのミルクも作れるウォーターサーバー

赤ちゃんを育てるミルクを作るのウォーターサーバーがおすすめです

ウォーターサーバーには温水モードもついていますので、いつでも温かいお湯を利用することが出来ます。

 

この温水は赤ちゃんのミルクを作ることにも利用できるため、サーバーを導入すればわざわざミルクのためにお湯を沸かす必要もなくなります。

 

サーバーに取り付けられているボトルには細菌などを除去するエアフィルターが取り付けられているため、水に雑菌が繁殖することもなく、安心してミルクに利用することが出来るでしょう。

 

ミルクを作るのに適しているのはミネラル分が多い天然水よりも、濾過されているRO水を利用した方が良いと思います。

 

ミネラル分を含んだ天然水で作った場合、赤ちゃんはミルクに含まれるミネラル成分と天然水に含まれるミネラルを両方摂取することになります。

 

そうすると、ミネラルの過剰摂取になる可能性があるので、天然水でのミルク作りはお勧めできません。

 

また、ミルクを作るのに適しているのは軟水なのですが、ほとんどのRO水は軟水になっている場合が多いため、そのまま利用しても問題ないでしょう。

 

赤ちゃんのミルクを作るには、RO水ろ過のウォーターサーバーを使うと安心です。

 

ウォーターサーバーは、本体のレンタル料は無料となっている物もありますが、使用する水は毎月購入して配達してもらわないといけません。

 

また、毎月の最低注文数が設定されていることが多いです。

 

今月は、このくらいで大丈夫と思って水を注文しても、その時によって足りなくなってしまったり、逆に余ってしまったりと言うこともあります。

 

と言うことは、安全な水を安心して飲みたくてウォーターサーバーを設置したにも関わらず、節約して使わなければならないというデメリットが生じてしまうのです。

 

それに、水はボトルで配達されますので、置いておくスペースも当然必要になりますし、ちょっとすれば、ボトル自体が重くて女性の場合だとサーバーへの取り付けが手間取ることもあります。

 

そんな理由でウォーターサーバーを考えているけど、結局は敬遠してしまうという方も多いようです。

 

そんな部分が気になってウォーターサーバーの設置に踏み切れないと言う方には、最近では水のボトルの宅配ではなく、直接水道に取りつけてしまう浄水器型のウォーターサーバーもあります。

 

水道に直接取り付けるわけですから、当然、水はボトルでの宅配や保管の心配もないし、RO水ろ過された水を使い放題になります。

 

ボトルの受取り、保管に交換などの従来のウォーターサーバーにたくさんあった手間や無駄が無く、使うことができます。

 

ウォーターボトルが無いと言うことは、ボトルの原材料である石油、ボトルをトラックで運ぶガソリン代、その他ボトルの配送に関わる多くの無駄とゴミを省くというエコに繋がります。

 

何よりも、

 

・飲み放題で料金定額!
・料金面でも断然お得!

 

と言うこと、そんなウォーターサーバーで、安心して赤ちゃんのミルクが作れるというのはもの凄く魅力的ですよね。

 

⇒ ノンボトル次世代ウォーターサーバー「CoolQoo」クールクー