赤ちゃんはやっぱり母乳で育てる方がいい4つの理由

赤ちゃんは母乳で育てる4つの理由

赤ちゃんはできる限り母乳で育てた方がいいです。

 

その理由は以下の通りです。

 

  • 栄養バランスがいい
  • スキンシップがとれる
  • 免疫力アップに役立つ
  • 産後の母体回復になる

 

母乳は非常に栄養バランスがよく、ビタミンやミネラル、酵素、脂肪分、タンパク質など様々な栄養を含んでいます。

 

ここまで栄養バランスが完璧なものはありません。

 

授乳用ミルクが悪いわけではないですが、栄養面を考えると母乳の方が優れています。

 

スキンシップがとれるのも母乳で育てるメリットです。

 

おっぱいを飲ませることで、赤ちゃんとお母さんとの距離を縮め、良好な関係を築くことができます。

 

また、母乳は赤ちゃんの免疫力アップにも役立ちます。

 

特に初乳はとても重要で、飲ませることによって病気にかかりづらくなります。

 

そして、産後の母体回復にもなるので、出るのであれば飲ませてください。

 

母乳を飲ませることによって、子宮の収縮を促進させるホルモンが活発になり、産後の母体回復に繋がります。