赤ちゃんを泣きやませる方法は5つ

赤ちゃんを泣きやませる5つの方法

赤ちゃんを泣きやませる方法は以下の通りです。

 

  • 抱っこする
  • 電化製品の音を聞かせる
  • サングラスをかける
  • ビニール袋をこすり合わせる
  • ドライブ

 

赤ちゃんが泣きやまない場合、まずは抱っこをしてください。

 

抱っこをすると赤ちゃんが安心して泣きやむことが多いです。

 

上下に揺らしながら抱っこをするとさらに効果的です。

 

電化製品の音を聞かせると泣きやむ場合もあります。

 

ドライヤーの音を聞かせたり、掃除機の音を聞かせてみましょう。

 

サングラスをかけるのも有効な手段です。

 

いつもと違う感覚に陥り、泣きやむことがあります。

 

そして、ビニール袋をこすり合わせるのもいいでしょう。

 

ビニール袋をこすり合わせると鳴るシャカシャカ音が赤ちゃんをリラックスさせます。

 

ドライブをすると泣きやむ赤ちゃんも多いです。

 

車の振動が心地良く感じて、泣きやむこともあるので試してみるのもいいでしょう。

 

ただし、刺激が強すぎる場所をドライブすると逆効果になる場合もあります。

 

 赤ちゃんを泣きやますおくるみの人気ランキングはコチラ