バドミントンのストロークには4種類

バドミントンのストロークは4種類

バドミントンのストロークには、次のような種類があります。

 

  • オーバーヘッドストローク
  • アンダーハンドストローク
  • サイドハンドストローク
  • ハイバックハンドストローク

 

オーバーヘッドストロークはシャトルを最も高い位置で打つストロークのことで、バドミントンの基本になります。

 

スマッシュを打つ際は、このストロークが有効です。

 

アンダーハンドストロークは手前に落とされたシャトルを拾い上げるために使うストロークです。

 

手首の返しが不十分だと中途半端なショットになってしまって相手にチャンスを与えてしまうので注意しましょう。

 

サイドハンドストロークは体の横で打つストロークのことで、試合になると使用する機会が多いです。

 

シャトルとの距離感が非常に重要になり、近すぎるとコントロールするのが難しくなります。

 

ハイバックハンドストロークは背後に打たれた時にバックハンドで打ち返すストロークのことです。

 

相手のコートを見ないで打つことになるため、経験がないとコントロールできません。

ジュニアバドミントン選手育成プログラム