バドミントンでレシーブを上達する方法

バドミントンでレシーブが上達するために気をつける3つのこと

レシーブが苦手という人は少なくないはずです。

 

しかし、レシーブはコツを覚えると劇的に上達できます。

 

レシーブが上手くなりたい場合、以下のようなことを意識してください。

 

  • 最後まで羽を見る
  • 面を作る
  • 体から離れたポイントで打つ

 

まず、スマッシュのスピードに対応できず、そもそも当たらないという人もいるでしょう。

 

そういった場合、最後までしっかりと羽を見てください。

 

途中で目を離すと当たらなくなるので、集中して目で追うようにしましょう。

 

そして、面を作ることも大切です。

 

バドミントンは反発力を利用できるスポーツなので、スイートスポットに当たれば、スマッシュの威力が強ければ強いほど力を入れなくても遠くに打ち返すことができます。

 

そのため、面を作り、スイートスポットに当てるという意識を強く持ってください。

 

体に近いと打ちづらいため、体から少し離れたポイントで打ちましょう。

 

スマッシュのスピードが速いと体の近くになりやすいので、どれだけ速さに対応できるのかがカギとなります。

ジュニアバドミントン選手育成プログラム