バドミントンの2つのサーブのコツ?

バドミントンの2つのサーブのコツ

バドミントンのサーブは大きく以下の2つに分けることができます。

 

  • ショートサーブ
  • ロングサーブ

 

ショートサーブとはサービスラインぎりぎりに打つ短いサーブのことです。

 

コツはどれだけ低い弾道のサーブを打てるかです。

 

ショートサーブの場合、高い弾道だと相手にとって絶好のチャンスになってしまいます。

 

なるべく低くネットすれすれの弾道でサービスラインに入れるというのがポイントです。

 

ネットを怖がらずに直線的なサーブを意識すると相手にとって取りづらくなります。

 

ロングサーブとは遠くに打つサーブことです。

 

このサーブの場合、高く上げるというのがポイントになります。

 

中途半端に低い弾道は相手にとって打ちごろになってしまうので、高く後方のラインぎりぎりを狙って打ちましょう。

 

相手のバック側に打つことで体勢を崩すことができます。

 

いいサーブは相手に気持ちいい攻撃をさせない効果があるので、しっかりとコースと高さを考えて打つようにしてください。

ジュニアバドミントン選手育成プログラム