バドミントンが上達するための壁打ち

バドミントンが上達するための壁打ちの3つの効果

バドミントンの練習方法に壁打ちがありますが、やった方がいいのでしょうか?

 

地味な練習なのでやりたくない人もいると思いますが、やらないよりはやった方がいいです。

 

ただ、誰か練習相手がいるならわざわざ壁打ちをする必要はありません。

 

壁よりも人と打った方が練習になります。

 

壁打ちをすることで、素早いフットワークを身につけることができます。

 

壁はどんなショットも全て返すので、こちらがミスしない限り、永遠と続くので、フットワークを身につけるには最適です。

 

強く打てば強いショットが返ってきますし、弱く打てば弱いショットが返ってくるので、色々な練習ができます。

 

そして、壁打ちをする場合、実戦を意識して行ったり、目的意識を持って挑むと効果がさらにアップします。

 

何も考えずに壁打ちをするのと考えてするのでは、上達レベルが全く違うので注意しましょう。

 

また、壁打ちはフットワークだけではなく、サーブの練習もできますし、反応スピードを上げる訓練にもなります。

ジュニアバドミントン選手育成プログラム