バドミントンのシングルスの試合で勝つコツを抑える

バドミントンのシングルスの試合で勝つために抑えておく4つのコツ

シングルスの試合で勝つコツは以下の通りです。

 

  • 冷静にプレーする
  • ミスを少なくする
  • 奥までしっかりと返す
  • スマッシュに頼り過ぎない

 

シングルスの場合、ダブルスとは違ってパートナーがいません。

 

パートナーがいれば自分が落ち込んだり、熱くなっても気持ちを落ち着かせてくれますが、シングルスだと自分で気持ちをコントロールするしかないので、常に冷静でいる必要があります。

 

熱くなるとプレーが雑になり、ミスをしやすくなるので、調子が悪かったり、ミスを連発しても平常心を保ちましょう。

 

ダブルスの場合は自分がミスをしてもパートナーがカバーしてくれます。

 

しかし、シングルスの場合は誰もカバーしてくれないので、ミスをどれだけ少なくするのかが勝負の行方を左右します。

 

ミスをしないように心がければ相手が勝手にミスをしてくれるので、試合の主導権を握ることができます。

 

レシーブの際、しっかりと奥まで返すのもシングルスのコツです。

 

中途半端に返してしまうと強烈なスマッシュを打たれてしまいます。

 

しっかりと奥まで返せば、仮にスマッシュを打たれても威力が弱いのでレシーブしやすいです。

 

また、スマッシュに頼り過ぎるのはやめましょう。

 

上手い人と試合をするとスマッシュを打ってもそう簡単に決まらないので、使いどころを考えてください。

ジュニアバドミントン選手育成プログラム