バドミントンでフェイントのかけ方

バドミントンの試合を有利に運ぶフェイントのかけ方

バドミントンはテニスと同様、相手のいないところに打つスポーツです。

 

どれだけ相手のいないところに打てるのかが重要になります。

 

そこで大切になるのがフェイントです。

 

フェイントをかけることで、相手の逆をつき、優位にゲームを進めることができます。

 

そして、フェイントのかけ方は色々あります。

 

スマッシュを打つと見せかけてドロップを打つ、ネット前の勝負でヘアピンと思わせておいて相手の後方に大きく返すといったフェイントはよく使われており、効果も大きいです。

 

また、目線や体の向きを利用したフェイントもあります。

 

目線は左に向けておいて逆の右に打ったり、体の向きとは逆に打つことで相手を上手く騙すことができます。

 

どのフェイントにしろ、自然なフォームで打つというのがポイントです。

 

フェイントをかける時に不自然なフォームになってしまうと相手にバレます。

 

例えば、スマッシュと見せかけてドロップを打つ場合、スマッシュと同じフォームで打ち切るようにしてください。

ジュニアバドミントン選手育成プログラム