刺青は女性にとって結婚の大きな妨げ

刺青を除去して幸せな結婚をした女性

■刺青は女性の結婚に大きなハンディ


刺青を彫る女性刺青を入れた女性の多くは、刺青を結婚の大きなハンディと感じています。

あなたもそうではないですか?

刺青を入れた女性の中には、何も考えずに、その時よければいいという考えやファッション感覚で刺青を入れた女性も多いはずです。

しかし、いざ本当に好きな男性ができて結婚を考えて真剣に交際したいとか、現在お付き合いしている男性と結婚したいということを意識し始めた時、刺青が想像以上にハンディとなる現実に直面することが多いものです。

例えば、

「刺青をしているような女性とは、それが例えどんなに綺麗だとか、可愛くても結婚どころか交際も考えられない」

「刺青をしている女性であっても付き合うくらいなら別にいいけど、結婚なんて絶対にしない」

そう思っている男性が、非常に多いのです。

なぜなら日本では、刺青に対してはアウトローなイメージ、裏稼業や水商売の人間が入れるものというような悪いイメージでしかなく、まったく良いイメージがないのが現実なのです。

事実、そんなイメージですからプールや公衆浴場、サウナ、スポーツクラブ等、刺青お断りの施設が多いのです。

要は日本の社会では刺青を見せることで、多くの人に不快感や恐怖感を与えてしまうということなのです。

ましてや結婚するということは、将来生れてくる子供のことも考えるわけです。

刺青を入れた女性と結婚して子供を作るとなると、その子供と海やプールには行けないし、家族そろっての温泉旅行などにもいけない。

子供が成長して色々なことがわかるようになった時に、母親の刺青をどう思うか?

それに母親だけではなく、子供まで偏見で見られる。

こんなことを考えれば、刺青をした女性とは、結婚を前提とした真剣な交際なんかできない。

そんな男性がほとんどなのです。

刺青は、女性の結婚には相当なハンディとなるのです。

■彼女の刺青が結婚の大きな障害になっている


大好きな彼女との結婚を考えているが、彼女の入れている刺青が結婚の大きな障害になっていると悩む男性も非常に多いようです。

最近は、ファッションの一部として刺青やタトゥーを入れる人が増え、女性も多いですね。

しかし、日本では「刺青」「タトゥー」と言えば、アウトローな人間、反社会的な人間が入れるものというように考える人がほとんどです。

彼女の刺青に悩む男性その為、彼女が刺青をしているということに気づかずに交際をしていて、それが分かった途端に別れ話になつたり、それを受け入れてくれても結婚までは考えられないと拒否されることもあるようです。

また、彼女が刺青をしているのを承知で交際していても、いざ結婚となった時に周りから猛反対をされてしまうことがほとんどです。

ファッション感覚で「刺青」「タトゥー」を入れている人の多くは、それをよく思わない人に対して、偏見だとか差別だということを言いますが、しかし、現実日本と言う国自体がそのような考えが根付いているのですから、どれだけ偏見だとか差別だと騒いでも仕方ないことなのです。

事実、彼女の入れた刺青が結婚の障害になっていて、彼女との結婚を諦めて別れる男性が多いという現実があるのです。

■刺青を除去して女性として幸せな結婚


刺青を除去して女性として幸せな結婚をしたい。

結婚して子供ができ、子供の将来を考えて刺青を除去したい。

刺青で悩む女性あなたもこのように考えていませんか?

昨今、ファッション感覚で「刺青」や「タトゥー」を入れる方が多く、女性も例外ではありません。

しかし、「刺青」や「タトゥー」入れた女性の約9割が後悔するというデーターがあります。

女性である以上、好きな男性ができて交際を始めたら、

当然、結婚ということも考えるはずです。

ファッションの一部として入れた刺青。

それが結婚への大きな障害となってしまう。

例え、そのまま結婚へと漕ぎつけても、子供ができれば、その刺青が子供への偏見を引き起こしてしまう。

だから刺青を除去して女性として幸せな結婚をしたいと思い、その方法を探している人が増えているのです。


「神の手を持つドクター」のタトゥー(刺青)除去
            ▽ ▽ ▽



before



after

毎月100人以上、国内TOPクラスの実績「イセアのタトゥー・刺青除去」





複数口座のメリット